初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

http://www.tls-o-ideacreate.tls-cms002.net/
携帯サイトへは左記QRコードよりアクセスください。

よくある質問

認知行動療法は、その他どんな問題に適応されますか?

認知行動療法の適応は、うつ病の改善から始まって、今では、さまざまな症状に適応されています。不安神経症、強迫神経症、恐怖主などの神経症領域のほとんどに適応可能です。解離性障害と呼ばれるそれまでのヒステリーは、精神分析療法で行われることがありましたが、認知行動療法も適応されます。性同一性障害の方にも適応しています。摂食障害やりストカットが絡む境界性人格障害、自己愛性人格障害、回避性人格障害等の人格障害圏はこの方法が適切です。盗癖、性依存、パチンコ依存症、薬物依存、虐待、DV,などの行動異常も該当します。その他感情の安定や自己表現の仕方や人間関係や親子関係の難しさ自信の持てない方などの心の悩みを解決するためにも、認知行動療法は適応されます。
よくある質問一覧に戻る