Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
パニック障害の治し方マインドフルネススキルトレーニング参加者募集/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

携帯サイトへは左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> BLOG(一覧)

17年02月28日

パニック障害の治し方マインドフルネススキルトレーニング参加者募集



パニック障害の治し方

マインドフルネススキルトレーニング参加者募集
平成19年3月18日(土)10:30より


 
 パニック障害とは、外出、例えば電車の中で、急に緊張感が走って、呼吸が荒く、動悸が激しくなり、発汗して、如何ともしがたい状況に陥る著しい混乱を体験することから始まります。その後、その時の体験が恐怖となり、人の集まる場所や閉じられた場所など、他者の監視がある所や閉塞されて逃げ出せない場所が恐怖となり、外出もできなくなってしまう障害です。パニック障害の人のほとんどがなぜこのような症状を起こすか、お決まりの背景があります。そのほとんどが、「先行き不安」という思考がまとわりついているということです。
 パニック障害の治療には、心理療法と薬物療法があります。心療内科や精神科では、パニックディスオーダー(パニック障害)の治療は、薬物治療が中心となります。薬物は、抗不安薬と抗うつ薬が主として処方されます。急性期、安定期、維持期、中断期の4段階に応じて処方されます。薬物治療にしても、症状が消失する見通しとしても、臨床医からはほぼ一年の治療期間を必要とされていると言われています。
 これに対して、心理療法は、「先行き不安」の解消を目指して、認知行動療法や行動療法、マインドフルネススキルトレーニングなどを通して、根本的な治療を目指して行なわれます。



アサーショントレーニング理論編参加者募集 
平成29年3月12日(日)13:00から14:30