Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
「楽に生きる」平成27年3月1日アクタ西宮東館6階(四季の会主催)/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

携帯サイトへは左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 出張講演情報(一覧)

15年03月01日

「楽に生きる」平成27年3月1日アクタ西宮東館6階(四季の会主催)

 

楽に生きる 

講演 「四季の会」  平成27年3月1日   於:西宮アクタ東館6

 

講演内容

「楽な生き方」 マインドフルネススキルと認知行動療法

 

 上記の演題で、以下のような内容を講演しました。

 

1、ストレスの処理できない人は免疫力を失い、笑はストレスを吹き飛ばし、免疫力を高める。

2、楽に生きるための最初の作業。不安や悲しみなど、感情の主体は自分にあるということがわかれば、自分自身で変えることができるということになるから、より気楽に生きれる。

3、感情の背後にあるのは「思考」。この思考をどう扱うかで楽になる。変えられないことを変えようとしない、変えられることを変えるということが大切。

4、マインドフルになると、辛くなる思考を止め、合理的・楽観的・肯定的な思考をする生き方が生まれる。

5、マインドフルとは、「私たちの周りに起こることをありのままに観る」という意味。これは認知行動療法で行うファイブコラム法で、事実と思考感情を区分けするが、これによって事実と個人内で起こっている思考や感情を区分けする作業となる。

6、マインドフルであれば、苦痛に陥ることは少なくなり、苦痛に陥ったとしても、認知行動療法で培ったスキルを適応しやすくなる。

 

 

 

 

◎阪神カウンセリング・ラボは「心の癒しのコンビニ」をモットーに、だれでも、どこでも、どんなことでもご相談に応じています。主宰者は、臨床心理士を養成する大学院で教授した経歴をもち、豊富な臨床経験を活かしてご相談に応じています。

◎うつ病改善、双極性障害のカウンセリングは、阪神カウンセリング・ラボで!

◎阪神カウンセリング・ラボは、元大学教授と臨床心理士の心の問題の専門相談室です。

◎相談者に合った心理療法を、相談内容に応じてプログラムしていきます。

◎どんなことでもご相談下さい。心に関係したことであればほぼすべてのことに対応できます。

◎大阪・梅田、兵庫・明石に相談室を持っています。梅田相談室は、阪急梅田駅(茶屋町口)から徒歩5分です。明石相談室は、JR明石駅徒歩3分です。

◎大阪、兵庫、奈良、京都、和歌山、滋賀、関西一円から相談者が来られています。

◎日曜・土曜も相談実施しています。平日は、夜8時までのご予約を受けています。働く人のための心理相談室です。