Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
心理療法/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年06月24日

心理療法

心理療法 エンカウンターグループ

  

 エンカウンターグループとは、健康な一般の人々が他の人々との出会いより、自分の「今―ここ」の体験に気付き、感情を隠さないで率直に表現する経験によって、心の成長への潜在能力を発展させようとする集団活動です。通常のエンカウンター・グループは、年齢、性、背景の異なる10数人の参加者と、心理療法家である1から2名のリーダーで構成されます。この集団活動は、日常生活から離れ、新しい場面で自己や他者との関係を体験することを重視します。週末を利用して短期間宿泊をして、参加者全員を隔離した状態に置き、1回が1時間くらいのセッションを、一日3回くらい行い、話し合い以外にも様々な活動を行います。村山・野島らは、エンカウンター・グループの過程は、①当惑・模索・不安、②グループの目的と同一性の模索、③グループや成員の否定的感情の表明、④相互信頼の発展、⑤親密感の確立、⑥深い相互関係と自己直面、⑦終結の段階に発展していくと述べています。エンカウンター・グループは、知的理解よりも情緒の開放を求め、それを率直に表現する傾向が強いといえます。またここでは、参加する人々は激しく情緒を表現したり、自己を暴露する過程をとったりするので、これまで気付かなかった自己に直面して、心の成長を体験する者も多いですが、自尊心を失い空虚感を感じる者もいます。

 

 

■神戸・明石、大阪・梅田にある、臨床心理士による心理カウンセリングの相談室です。

□うつ病症状に、多くの臨床を持っているうつ病改善のためのカウンセリングオフィスす。

□阪神カウンセリング・ラボは、心の問題なら、どんなことでも受け付け、対応致します。

□個人面談は、心の不安や悩み、人間関係などの問題を解決し、安心できる対応を致します。

□家族でカウンセリング受けることが可能。親子、御夫婦、恋人など、複数の来談者の対応も致します。

□自分のことを率直に表現する理論とスキルを学ぶ、アサーショントレーニングを実施しています。

□自己理解をし、人間関係を良好に維持できるグループワークを定期的に実施しています。

■カウンセリングに来られる前、どんなことをするのかとドキドキしてこられることが多い様子ですが、皆さん「来てよかった」と言ってくださることがほとんどです。いつまでも悩み不安でいるよりも、一度お越しください。