Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
子どもの心理療法行動療法/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年06月29日

子どもの心理療法行動療法

子どもの心理カウンセリング 行動療法

 

 精神分析では、子どもの無意識の葛藤を取り上げますが、行動療法は無意識の問題をまったく考慮しません。現在起きている問題行動を対象として、学習理論に基づいて変化させていく過程をとります。行動療法を厳密に行うには、刺激の少ない環境において、漸次的接近法(行動連鎖化)によって行われます。子どもにとってこれまで学んできた不適切な行動様式を除去し、新しい行動様式を学習させます。この行動様式を現実生活に結び付けていくために、行動療法的技法を使うのです。例えば、治療者が子どもにとっての重要な人となり、子どもの望ましい行動のモデルになったり、好ましい行動を物質的報酬(飴などの飲食物)から社会的報酬(言葉で褒めるなど)に変えたりしながら、好ましい行動に介入したり無視したりして、新しい行動を条件付けることが行われます。大人の神経症の中にある、高所恐怖や先端恐怖、パニック障害や、嘔吐恐怖症など様々な恐怖症などは、行動療法をとることがよく行われますが、子どもの行動療法も、成人の場合と同じような技法を使い、同じような経過をとります。

                 

 

◇阪神カウンセリング・ラボは、大阪・梅田、神戸・明石にある心理相談室です。

◇阪神カウンセリング・ラボは、心の悩み、不安、抑うつなどを改善する心理療法の専門相談室です。

◇カウンセラーを目指す人、心の病気について興味のある人への心理学セミナーを実施しています。

◇バウムテスト、描画テスト、描画療法に関するセミナーを実施。興味がある方も参加可能です。

◇企業・団体のメンタルケアに関するご相談、援助を致します。

◇「心の病気」「人生を楽しく生きる」「人間関係の調整」などのテーマで、全国どこへでも出張講演いたします。

◆電話、メールでの最初のお問い合わせは、無料です。最初のメール、電話は、遠慮なくお問い合わせください。