Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
心理カウンセリング家族療法並行家族療法/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年07月04日

心理カウンセリング家族療法並行家族療法

心理カウンセリング 家族療法の問題と方向性

 

 クライエントの個人療法と並行して行われる家族のカウンセリングは、家族の中での誰かがクライエントの問題原因だという考えになりやすくなります。母原病というのがそうです。成人になって起こす心の病気は、特定の人間が問題原因であることを特定することによって解決するものではないし、母原病で説明できない心の病気はたくさんあります。また、もし誰か特定される家族が何らかの強い影響をもっていたとしても、その結果どうするかを選んだのはクライエント自身です。したがって、母原病とする捉え方では、何も解決しないことになりかねません。

 また、同じ兄弟でも兄が神経症状を起こしていて、それが治ると、なんでもなかった弟の方が病気になったり、妻がうつ病で苦しんだ後、快方に向かったとたん夫がうつ病になったりすることがあります。これは、個人の人間が原因で病気を引き起こしているとみるより、家族成員が円環的に相互に否がんだ関係を持っているから生じる問題だと考えるべきでしょう。

 そういうわけで、家族全体の相互関係で家族療法を見るべきとういう考えが生まれてきます。したがって家族療法では、クライエント個人を孤立した存在としてみないで、家族全体の機能の歪みが個人の病気となると考えて、家族全員の合同的なカウンセリングを並行的に扱う必要が多々あるのです。

 

 

◎阪神カウンセリング・ラボは、うつ病改善の有効な方法を持つ心理療法専門の相談室です。

◎大阪・梅田、兵庫・明石の相談室には、近畿各地から相談者が来られています。

◎心理カウンセリングの他、アサーショントレーニング、心理学セミナー、バウムテスト講習会、グループワーク、臨床心理士のスーパーバイザ―などを実施しています。

◎認知行動療法、精神分析療法、来談者中心療法、行動療法、弁証法的行動療法、家族療法、リラクゼーション法など、適切なカウンセリングで対応します。

◎臨床心理士を養成した元大学教授の主宰する臨床心理士の心理療法相談室です。

◎「心の癒しのコンビニ」を合言葉に、いつでも、どこでも、どんなことでも対応する心理相談室を目指しています。