Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
カウンセリング家族療法コミュニケーション的立場/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年07月06日

カウンセリング家族療法コミュニケーション的立場

心理療法 家族療法

コミュニケーション的立場

 

 二重拘束(ダブルバインド)は、子育ての際に、親が自分の気持ちを伝えようとして、言語上の意味と表情の意味が異なる表現をするときに起こる状態を指します。例えば、母親は、怒っているのに、笑いながら子どもに言うような状態を二重拘束といいます。

 これをされた子どもは、母親が怒っているのか笑っているのかがわからなく、それを続けられると、人をどう判断してよいかわからなくなります。そうすると、成人になっても、相手の感情が読めなくなり、著しいコミュニケーションの問題が起こりやすくなるのです。

 ベートソンはこの二重拘束の問題に基づいて、統合失調症の人は、子ども時代にこうした二重拘束の関係を体験し続け、これから逃れることができなくなって、自閉的な生活を余儀なくされるのだと考えたのです。この立場に立って家族療法を主張した人には、ジャクソン、ヘイリィ、サティアなどがいます。彼らは、家族成員の持つ精神内的の問題を取り扱わないで、現在起こっているコミュニケーションの病理を修正しようとしました。

 そこでは、「伝えるものは何か」という内容メッセージと、「どのように伝えるか」という非言語的メッセージを区別します。コミュニケーション的立場は、二重拘束によって起こる家族成員の歪みが、病理を生み出す背景となるという立場で家族療法がおこなわれました。

 

 

★うつ病を改善する、認知行動療法の臨床カウンセリングを非常に多く持っている信頼ある相談室です。

☆阪神カウンセリング・ラボは、大阪梅田、兵庫明石にある心理カウンセリング専門の相談室です。

☆カウンセリングは、臨床心理士と元大学教授の経験豊富な心理療法で対応致します。

☆カウンセリング対象は、成人、思春期の方、学生、子ども、お年寄りまで幅広い臨床を持っています。

☆カウンセリング方法は、相談者の状況に合わせ、学術的に認知された適切な手法で対応致します。

☆ご相談内容は、心の問題のあらゆることに応じています。個人面談の他、スカイプや電話相談も可。

☆出張カウンセリングもしています。引きこもり、特別な理由で相談室に来ることができないなど、ご相談下さい。

★土曜日、日曜日もご相談可能です。平日は朝10時から夜8時までのご予約を受け付けています。