Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
心理カウンセリング家族療法構造的立場/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年07月07日

心理カウンセリング家族療法構造的立場

心理療法 家族療法 

構造的立場

 

 ミニューチンは、家族の構造(組織)に関心を持ちました。家族の構造とは、家族成員のサブシステム(家族全体というシステムに含まれる下位のシステム)、同盟関係、成員間の境界の状況、どの成員がどのように力を行使しているかの権威構造、成員間のコミュニケーションの仕方などを指します。こうした構造の中で暮らしている家族の機能が十分に発揮できていない構造を変えようと働きかけます。

 ミニューチンは、健康な家族にある成員間の交流する場合の境界を重視しました。例えば夫婦というサブシステムから自律してプライバシーを守り、二人で互いに支持し合い交流するために、それぞれの親や子どもや近隣の人々というサブシステムに境界があります。家族成員の境界が漠然としていると、成員は互いにどのように交流してよいかが明確ではなく、ストレス状態に適応できず、家族成員の行動が適切に変化しません。また境界が固すぎると、コミュニケーションが妨げられ、家族の正常な保護機能が働かなくなります。

 構造的立場では、治療者は積極的に家族成員にかかわります。成員の特定の行動を励ましたり、解釈したり、特定の成員と同盟したり、対決したり、特定の行動をさせたり、宿題を与えたりしながら、サブシステム間の境界を変化させていきます。

 

 

 ■神戸・明石、大阪・梅田にある、臨床心理士による心理カウンセリングの相談室です。

□うつ病症状に、多くの臨床例を持っているうつ病改善のためのカウンセリングオフィスです。

□阪神カウンセリング・ラボは、心の問題なら、どんなことでも受け付け、対応致します。

□個人面談は、心の不安や悩み、人間関係などの問題を解決し、安心できる対応を致します。

□家族でカウンセリング受けることが可能。親子、御夫婦、恋人など、複数の来談者の対応も致します。

□自分のことを率直に表現する理論とスキルを学ぶアサーショントレーニングを実施しています。

□自己理解をし、人間関係を良好に維持できるグループワークを定期的に実施しています。

■カウンセリングに来られる前、どんなことをするのかとドキドキしてこられることが多い様子ですが、皆さん「来てよかった」と言ってくださることがほとんどです。いつまでも悩み不安でいるよりも、一度お越しください。