Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
うつ病の心理カウンセリング認知行動療法/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年07月08日

うつ病の心理カウンセリング認知行動療法

うつ病の心理カウンセリング

認知行動療法 

 

 うつ病の心理療法には、認知行動療法が有効です。認知とは、思考、感情、行動の仕方のことを指します。人が生きていくうえで、常にその状況を何らかの認知を通して対処していきます。この認知が不適切である時にうつ病になると考え、認知を適切に改善することがうつ病の治療になるのだと捉えています。

 人はある状況に遭遇すると、スーッと浮かんでくるイメージや思考でそれを捉えます。そのスーッと浮かんでくる思考を、自動思考といいます。その自動思考が現実的で合理的であれば、それほど苦痛や問題は生じませんが、非合理的・非現実的であると、不安感や悲しみは拡大します。うつ病の人は、歪んだ思考判断を継続的にやりこなすために、恒常的な不安感がつのって、思考だけでは対処できなくなった時に抑うつ感を強化してうつ病になるのです。

 この自動思考を検討して、状況の起こるたびに、思考改善の練習をしながら、現実を適切に生きるトレーニングをするのが、認知行動療法です。自動思考は、その人が長い歴史・成育歴の中で出会った様々な体験をもとに、スキーマと言う構造化された思考の基礎となる土台から生まれてきます。最終的には、このスキーマが合理的・現実的になることを目標として、うつ病のカウンセリングが行われるのです。

 

 

◇阪神カウンセリング・ラボは、大阪・梅田、神戸・明石にある心理相談室です。

◇阪神カウンセリング・ラボは、心の悩み、不安、抑うつなどを改善する心理療法の専門相談室です。

◇カウンセラーを目指す人、心の病気について興味のある人への心理学セミナーを実施しています。

◇バウムテスト、描画テスト、描画療法に関するセミナーを実施。興味がある方どなたでも参加可能です。

◇企業・団体のメンタルケアに関するご相談、援助を致します。

◇「心の病気」「人生を楽しく生きる」「人間関係の調整」などのテーマで、全国どこへでも出張講演いたします。

◆電話、メールでの最初のお問い合わせは、無料です。最初のメール、電話は、遠慮なくお問い合わせください。