Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
心理カウンセリング芸術療法2/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年07月13日

心理カウンセリング芸術療法2

心理カウンセリング 芸術療法

精神分析からの発展

 

 絵画療法が発展した最初の取り組みは、精神分析療法です。フロイトとユングの無意識と象徴の理論に基づくことが大きいと言えます。ユングは、フロイトのリビドーが性的エネルギーによるという見解を批判して、それよりも大きな元型を主張し始めたころから、フロイトと不仲になり、精神分析学界から離れて、生まれたスイスの地に戻ります。その時ひどい精神病にかかって、それを自ら治療する際に、絵を描いたり造形したりすることによって、精神病を治してしまいます。こうした体験がもとになり、芸術療法がのちの心理療法の一つとして用いられるようになりました。

 芸術療法は、1940年、ナウンバーグがクライエントに絵を描かせ、この絵について自由連想をさせて、解釈を行い、クライエントの洞察の手段にしたことが起源だと言われています。ナウンバーグは、無意識から引き出された重要な考えや感情は、言葉よりイメージによって表現されるとしました。1950年代には、クレーマーが、児童を対象として、児童の創造過程そのものが心の統一の治療過程になると芸術療法を用いるようになりました。1960年代には、クイアトコウスカは、家族療法に芸術療法を用いるようになりました。このような過程を経て、芸術療法が、その手法が多いこともあって様々なアプローチで発展していくことになります。

 

 

 

★阪神カウンセリング・ラボは、うつ病を改善する認知行動療法の臨床例を非常に多く持っている信頼ある相談室です。

☆阪神カウンセリング・ラボは、大阪梅田、兵庫明石にある心理カウンセリング専門の相談室です。

☆カウンセリングは、臨床心理士と元大学教授の経験豊富な心理療法で対応致します。

☆カウンセリング対象は、成人、思春期の方、学生、子ども、お年寄りと幅広く、多くの臨床例があります。

☆カウンセリング方法は、相談者の状況に合わせ、学術的に認知された適切な手法で対応致します。

☆ご相談内容は、心の問題のあらゆることに応じています。個人面談の他、スカイプや電話相談も可。

☆出張カウンセリングもしています。引きこもり、特別な理由で相談室に来ることができないなど、ご相談下さい。

★土曜日、日曜日もご相談可能です。平日は朝10時から夜8時までのご予約を受け付けています。