Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
人間関係のカウンセリング夫婦関係/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年07月18日

人間関係のカウンセリング夫婦関係

夫婦関係のカウンセリング

 男と女の違い

 

 夫婦喧嘩を見ると、喧嘩の原因が、後から考えるとどうでもいいようなことでやっています。その時はそうは思わず、徐々にエスカレートしていくのです。男は大したことないと思って対応すると、女はいつもそういう態度に出ることにいらだって怒る。この繰り返しを日常的に繰り返していくうちに、離婚まで進展してしまうのです。そういう夫婦関係に危機感を持っておられる方があったら、これから記述しようと思っている「夫婦関係のカウンセリング」は役立つと思います。夫婦喧嘩をした後、このブログを見ている人がありましたら、冷静にその情況を見直してみてください。いかにつまらないことで喧嘩していたかがわかるでしょう。

 

 よくある夫婦げんかのパターンを見ると、妻が、夫に「今日こんなことがあって大変だったのよ・・・・・」と話すと、それを受けて夫は、「そうか大変だったなあ。それならこうしてみたらどうだ!」とアドバイスをします。すると妻はそれで怒ります。「そんなアドバイスをしてもらいたくて言ってるんじゃないわ。辛いと言っているだけだから。余分なことを言わないでそのまま受け止めてくれればいいのよ。」と不満を持ちます。その時は、妻はまたいつか分かってくれるだろうと何も言わないで我慢します。が、その後、また妻にしんどいことがあって夫に話をすると、夫は前と同じように、「こう考えたら」とか何かアドバイスしようとします。これを繰り返していくうちに妻は「私のことまったくわかっていない。わかろうともしない。」と言って嘆くのです。この辺りから夫婦危機の始まりとなります。

 さて、これがどうして夫婦の危機となるか、夫の皆さんはわかりますか?

 

 

 

 

◎阪神カウンセリング・ラボは、元大学教授と臨床心理士の心の問題の専門相談室です。

◎相談者に合った心理療法を、相談内容に応じてプログラムしていきます。

◎どんなことでもご相談下さい。心に関係したことであればほぼすべてのことに対応できます。

◎大阪・梅田、兵庫・明石に相談室を持っています。梅田相談室は、阪急梅田駅から徒歩5分です。

◎大阪、兵庫、奈良、京都、和歌山、滋賀、関西一円から相談者が来られています。

◎日曜・土曜も相談実施しています。平日は、夜8時までのご予約を受けています。働く人のための心理相談室です。